MENU

爪水虫を市販薬で治せました!

 

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

爪水虫に悩まされていましたが、ようやく治すことができました!

 

私が使用した市販薬はクリアネイルショットという爪水虫専用のケアアイテムです。

 

クリアネイルショットは、通販でしか購入できませんが爪水虫専用というだけあって効果は抜群でした。

 

 

「ドラックストア等に売っている爪水虫用の市販薬でもいいんじゃないの?」

 

 

そう思うかもしれませんが、爪水虫専用となるとドラックストアや薬局等では扱っていないんです。

 

 

「じゃあ水虫薬を爪に塗ればいいんじゃないの?」

 

 

水虫薬を爪に塗れば治ると思って、私も実際に市販の水虫薬で試してみましたが殆ど効果はありませんでした

 

薬剤師さんも、

 

「爪の水虫となると市販の水虫薬で治すのは難しい」

 

との事でした。

 

 

市販の水虫薬を爪に塗っても爪水虫が治らないのは、爪は硬いたんぱく質の為成分が爪に浸透しないからです。

 

爪水虫は、爪の内部に菌が増殖しているので成分が爪の内部までしっかり浸透しなければ、いくらたっぷり塗ったとしても全く意味が無いんです。

 

 

つまり、爪水虫を本気で治療するとなると爪水虫専用の物を塗るか、病院へ行って治療するしかないのです。

 

 

爪水虫の治療をするのに病院を選ばなかった理由

 

爪水虫の治療は、病院や皮膚科では主に飲み薬が主流になっています。

 

やはり水虫用の外用薬では効果が期待できないからです。

 

 

皮膚科や病院などでは爪水虫専用の外用薬を扱っているところもありますが、そういう医院が少ないのが現状です。

 

内服薬は効果が高いですが、その反面作用が強く肝臓へ負担がかかってしまいます。

 

酷い場合、肝機能障害や血液障害を起こしてしまう危険性もある為、通院の度、もしくは定期的に血液検査が必要になるのです。

 

 

 

内服液での副作用の心配や、定期的な血液検査。

 

また、爪水虫が完全に治るまでは最低でも半年から1年かかるので、毎月通院しなければならないとなると結構なストレスです。

 

金銭的にもだいぶ負担がかかってしまいます。

 

 

そういう理由から、病院通いは避けクリアネイルショットで治療する事にしました。

 

クリアネイルショットは、天然成分でできているので副作用の心配が一切ないというのもとても安心できました。

 

 

「もしも効果が無かったら・・・」

 

 

そうも考えましたが、万が一効果がなかった場合は返金保証もあるというのも購入の決め手になりました。

 

 

早速クリアネイルショットを注文しました!

 

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

注文から5日ほどで手元に届きました。

 

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

パンフレットや説明書に紛れるようにクリアネイルショットの本体が入っていました。初め見た時は、小さいっ!これで一か月持つのかな?と正直なところ心配でした。

 

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

本当に日本製だったので安心です。

 

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

クリアネイルショットの使い方は、付属の説明書に詳しく書いてあったので迷わず使う事が出来ました。

 

 

 

クリアネイルショットを使い始めてしばらくすると(3週間くらい)、生えてくる爪はまたきれいな状態になりました。
もし効果が無かったら返金してもらおうと思っていましたが、その必要はありませんでしたね。

 

あの大きさで一か月持つか心配していたのですが、私は一か月以上持ちました。

 

今では汚かった爪もきれいになりましたが、念のためまだクリアネイルショットは使ってます。

 

病院に通わずに治すことができて、精神的にもだいぶ楽でした。

 

爪水虫に悩むあなたの参考になれば幸いです。

 

 

>>クリアネイルショット詳細

 

 

 

 

以下、爪水虫に関する情報をまとめていますので詳しく知りたい方はご覧ください。

 

爪水虫とは?

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

 

爪水虫とは、水虫の原因である白癬菌というカビ菌が爪に感染して起こる病気を指して言います。

 

まずは、爪の角質に寄生し、次第に皮膚表面だけではなく爪本体にも感染していきます。爪を構成するケラチンというタンパク質を栄養源としてどんどん成長していきます。

 

日本では、水虫の人が4人に1人と言われていますが、爪水虫の場合10人に1人という高い割合で発症していると言われています。

 

水虫だけではなく、爪水虫の人も多いという事がわかりますね。

 

 

爪水虫と水虫の違い

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

爪水虫と水虫の違いですが、一般的にいう水虫、とは、足白癬と呼ばれる病気で、白癬菌が足の皮膚の角質などに寄生し、侵食することによって起こる感染症のことです。

 

足白癬の中でも、認知度が最も高いと思われる足の指の間にできる趾間型、足の裏や側面にできて水疱ができることで分かる小水疱型、かかとがひび割れ硬くなる角質増殖型などがあります。
どの症状でも原因となるのは、白癬菌と呼ばれるカビ菌です。

 

ただ、原因菌は同じでも、爪水虫はその他の水虫と少し対処の仕方が異なってきます。

 

水虫と違い爪水虫に罹っても痛みやかゆみがないため、感染に気づきにくく、気づいた時にはかなり悪化していること、皮膚のターンオーバーが約28日間であるのに対し、爪のターンオーバーは半年から1年の時間を要し、治療に時間と費用と根気が必要になってくることが挙げられます。
爪が完全に生え変わらなければ完治する事はできません。

 

爪水虫の症状は?

 

爪水虫の症状ですが、白癬菌に感染してしまった状態、つまり、爪水虫になってしまった爪は、どの様な変化をするのでしょうか。
健康な爪は、薄いピンク色をしていて、表面にツヤがあります。
白癬菌に感染してしまうと、まず、そのツヤが失われ、くすんだ黄色になってきます。病状が進むと感染した爪やその指先が白濁していきます。

 

【爪水虫の画像1】

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

 

爪母という爪の生え際や脇の部分から変色が始まり、次第に爪全体へ広がるわけですが、広がるにしたがって、最初に感染した部分はどんどん症状が進んでいきます。
最初に黄色に変色した部分は次第に、茶色になっていきます。そして、白癬菌が爪の内部まで入り込んでしまうと爪の裏側の角層が分厚くなり、爪全体が浮き上がり、爪を構成するケラチンが白癬菌に浸食されることで爪が脆くなってしまいます。

 

【爪水虫の画像2】

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

【爪水虫の画像3】

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

 

 

 

白癬菌の栄養源となった爪本体も欠けてきます。
そうなると、爪水虫が原因というよりも、爪そのものが欠けたことによって痛みが生じる事もあり、歩行そのものが困難になることもあります。
爪水虫の特徴として、急激に症状が進むことはありません。

 

足の爪だけではなく、手の爪にも当然感染する可能性があります。
手の爪は毎日何度となく目に入りますが、足の爪は注意しないとなかなか見ないものです。

 

爪は、指先の物理的刺激を受け止める役割を担っているため、爪水虫によって、爪が欠けたり崩れたりすると、日常の些細な動作も不自由になってしまうのです。

 

それだけに一旦感染してしまうと、症状が進みやすい部位でもあります。早めに対処できれば、それだけ治療にかかる時間や費用も少なくなります。

 

特に暑い季節は、白癬菌が好む環境になりやすい時期です。毎日のちょっとした自分への気遣いが、予防の第一歩になります。

 

 

爪水虫の予防方法

 

爪水虫が市販薬で治った!|爪水虫に効果があった市販薬はこれ

 

爪水虫を予防する為には、家族に水虫に罹ったことがある人がいる場合、爪水虫についての情報も共有することも、感染を広げないためには重要なことです。

 

爪水虫の原因菌である白癬菌は、カビ菌の一種ですので、当然ですが家族の誰かに移る可能性も高いです。家族への2次感染を防ぐ為にも、タオルやバスマットなどを共有したりするのは避ける事が大切です。

 

感染を防ぐためには、白癬菌を良く洗い流すか、住みやすい環境を作らないことです。手はもちろん、足も毎日清潔にすること、白癬菌は高温多湿な環境を好むため、自宅ではできるだけ裸足で過ごすことをおすすめします。

 

特に終日靴下と革靴を履く必要があるビジネスマンは、夏用のスーツに着替えるのと同様に、靴底に通気孔のある靴に替えたり、通気性のある靴下に替えるなどの対策をしましょう。

 

爪水虫は手にもうつります

 

爪水虫は手にもうつります。爪水虫というと足の爪だけと思われがちですが、手の爪にだって水虫は感染します。

 

爪水虫に罹った足の爪を素手で触り、そのまま不衛生な状態にしておくと万が一白癬菌が手についてしまっていれば手の爪水虫になる可能性が高いです。

 

素手で触った後などは、石鹸等でしっかり洗い流すようにしましょう。

 

 

爪水虫は子供にもうつるので注意を

 

爪水虫は大人だけの症状ではありません。小学生や幼児などの爪にも白癬菌は感染します。

 

特に小学生などの活発な時期は、汗をかいた靴下でもそのまま履きっぱなしなんてことはよくあると思います。

 

そんな蒸れた状態は、白癬菌が繁殖するには格好の場所です。

 

家族の誰かが水虫に罹っている場合もそうですが、特に子供はどこでどういう遊びをしてくるか分かりませんので濡れたままの靴下はすぐに履き替えさせ清潔に保ってあげましょう。

 

また、靴なども毎日履き替えさせたりマメに天日干ししたりする事が大事です。

 

爪水虫の体験談

 

当サイトに寄せられた、爪水虫の体験談を紹介します。

 

神奈川県 Aさん

 

私は爪水虫になったことがありました。
右足の親指が爪水虫になったのですが、爪水虫の痛みにより私生活にまで支障が出ました。

 

車の運転中に痛くなることが一番辛かったです。運転中痛くなると、危険を伴いますので、一度路肩に止めるなどの対処が必要となり、出掛けるにも時間がかかってしまいました。

 

仕事中も痛みとの戦いであり、食品工場で働いていることもあり、足を触るなど厳禁でしたので、ひたすら我慢の時間でした。

 

爪水虫は、人に感染する恐れもありますので、感染しないように共同のスリッパなどは履かないようにして、持参でスリッパを持って出歩きました。
痒さ以外にも苦痛があり、とても辛かったです。

 

爪水虫に気付いたのは、ある日お風呂で足の爪を見たら、爪が厚くなり、黄色く濁っていたことを発見したからです。
最初はおかしなと思っていて、気になるので病院へ行ったら、爪水虫と診断されました。薬は処方されましたが、なかなか治らず治ったと思ったら違う指に感染してしまって、最終的にうつって治っての繰り返しで、完全に治るのに、1年以上の時間が掛かりました。

 

病院で爪水虫のことを詳しく聞くと、糖尿病の方が爪水虫になると、合併症を起こす可能性があると言われ、家族に糖尿病の人がいるので、家の中ではとても気を使いました。

 

裸足であることは避けて、お風呂も一番最後に入り、いつもより念入りに掃除したりと本当に大変でした。

 

私の場合なかなか治りづらくて、時間も結構かかりましたが今はもう綺麗です。
もっと早く爪の異常に気付いていればこんな大変な思いをしなくても良かったかもしれません。

 

治った今でも、足の爪は入浴時にしっかりチェックするのが習慣になりました。

 

 

 

 

 

 

 

▲トップへ戻る