MENU

爪水虫に関するよくある質問記事一覧

指先までおしゃれに気を抜かない女性は、手の爪にネイルを施したり、足の爪にもペディキュアをしたりしますね。ただ、爪にネイルをしている環境は、爪水虫の原因菌である白癬菌にとって、非常に住みやすい環境となってしまいます。白癬菌が増殖しやすい環境とは、温度15度以上、湿度70%以上の環境です。裸足でいれば大丈夫だろうと思うかもしれませんが、ネイルを施した状態は、爪が湿度の高い状態になりやすいのです。特にジ...

爪水虫は白癬菌というカビ菌が原因によって発症する感染症で、物理的接触によって感染することが多いため、温泉やスーパー銭湯、プールなどでもうつる可能性が非常に高いです。そのため、自分が爪水虫に感染している場合は、温泉やプール等で感染を広げないために細心の注意が必要になります。爪水虫に感染すると、感染した爪が欠けてボロボロと欠けらが床などに散ったりします。欠けた爪が散らばった床を裸足で歩くと、そこから感...

爪水虫の治療方法は、現在の主流は飲み薬で塗り薬での治療を行うケースもあります。爪の病気なのに飲み薬か、と疑問に感じるかもしれませんが、爪は硬く外用薬が浸透しづらいため、飲み薬での治療がメインとなってきます。ただ、爪水虫の処方薬で保険が適応している内服薬が効く人の割合は7割から8割と言われています。薬の効果が薄いあるいは効果がない人というのは、爪の大部分が白癬菌によって浸食されてしまい、薬が感染部位...

授乳中に爪水虫になってしまったら、飲み薬は使用できるのでしょうか?爪水虫の飲み薬と言えば「ラミシール」と「イトリゾール」があります。飲み薬は塗り薬に比べて作用が強く、効果も高いと言われています。その反面、肝機能障害などの副作用を起こす可能性もあり、個人の判断で使用するのは危険です。また、ラミシールやイトリゾールは新生児や乳児や幼児に対して安全性は確立されていませんので、授乳により子供への影響も考え...

爪水虫におけるパルス療法とは、飲み薬によって行う治療方法で薬を飲む期間と飲まない期間を交互に繰り返す方法です。爪水虫の場合、基本的には1週間薬を飲み続け、その後は3週間薬を飲まずに過ごすという方法になり、これを3回繰り返し行いますその後、爪水虫の状態を観察する事になり、飲み始めから半年経っても爪水虫に改善が見られない場合は追加でパルス療法を行うか、別の薬に変える場合もあります。パルス療法は医師から...