MENU

爪水虫は温泉やプールでもうつるのか?

爪水虫は白癬菌というカビ菌が原因によって発症する感染症で、物理的接触によって感染することが多いため、温泉やスーパー銭湯、プールなどでもうつる可能性が非常に高いです。

 

そのため、自分が爪水虫に感染している場合は、温泉やプール等で感染を広げないために細心の注意が必要になります。

 

爪水虫に感染すると、感染した爪が欠けてボロボロと欠けらが床などに散ったりします。
欠けた爪が散らばった床を裸足で歩くと、そこから感染が広がってしまう可能性があります。

 

自分が爪水虫に感染していることがはっきりしている場合は、完治するまで、不特定多数の人が集まり、裸足で床を歩いたり、マットやスリッパを共用する場所は避けることが、マナーと言えます。
ただ、どうしてもそういった場所に行かなければいけない人もいます。

 

それには、共用の足ふきマットやスリッパを使わないことです。自分専用のタオルで足を拭き、使い捨ての紙スリッパを持ち込むと良いでしょう。

 

 

また他人の爪水虫をうつされない為には、温泉や銭湯、プールを利用した後、しっかり足を指の間まで拭き、乾燥させることです。帰宅したら、もう一度足を洗うことをおすすめします。
今度は足の指の間までしっかりと洗い、きちんと乾燥させましょう。

 

万が一、白癬菌を足につけたまま帰宅したとしても、もう一度洗うことで家族にまで感染を広げるリスクを最小限にすることができます。

 

不特定多数の人が集まる施設では、爪水虫に感染していることを知らずに利用する人もいます。
本人にはそのつもりがなくても、感染するリスクは常にありますので、自己防衛の方法をしっかり知識として持っておくことが大切です。

 

 

関連ページ

ネイルをしているとなりやすいの?
爪水虫はネイルをしているとなりやすいと言われていますが、実際はどうなのか調べてみました。
治療すにはどういう方法がある?
爪水虫を治療すにはどういう方法があるのか解説しています。
授乳中に飲み薬は服用しても大丈夫?
授乳中でも、爪水虫の飲み薬を服用しても大丈夫なのか調べました。
パルス療法とは?
爪水虫におけるパルス療法とはどういう方法なのか解説しています。